スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
(2005/06/28)
リリー・フランキー

商品詳細を見る

先週まで遊びに来ていた友達が、後で船便で送ってほしいと言って、日本で買った本を置いて行きました。そして2冊買おうかどうか迷って買わなかった本がある、と言っていたうちの1冊がこの『東京タワー』。本屋大賞にまで選ばれて映画化もされたけど、ベストセラーになったりするとなんとなく読む気が失せてしまう天邪鬼な私。でも、彼女に買うかどうか迷ったと言われ「じゃあ、私が買って読んでみて面白かったら送るよ」と言い、買って読み始めたら止められなくなってしまいました。これまで読まないでいたことを後悔し、こうして読む機会が天邪鬼の私にも回ってきたことを嬉しく思いました。

著者のリリー・フランキーは私と同い年。同じ時に上京しているので、私が見て感じた東京や私が子供のころに過ごした田舎や地方都市の様子など、共通するものが多く、懐かしさがこみ上げてきました。しかも、彼は九州出身なので方言も私の出身地、広島とかなり似ていてそれもまた懐かしい。

何もかも失ったかに思えても、自分を無条件でどんな状況にあっても愛してくれている人がいることが分かっていれば、人間はそこから這い上がっていけるもんなんだと思います。物やお金には代えられないほどその愛は深く、大きくて。親の愛というのは、そういうものなのかもしれません。自分の周りにあるあまりに当たり前の存在で、改めて感謝したりするのも恥ずかしいけど、奥深い安心感を与えてくれ、いなくなると耐えがたいほどの空虚さを感じずにはいられない。人の温かさって、どんな高級な羽根布団より温かく相手を包み込んでくれるものなのだと。

結局、友達に送るのとは別に、私もこの本を買うことにしました。
スポンサーサイト


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/07/20(火)11:01

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

雨月更紗

Author:雨月更紗
ポーランド人の夫と12歳の息子の3人暮らし。


メールはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。