スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ボランティアの意味

昨日は息子が入っているヨットクラブの総会でした。「総会」と聞いただけでなんだかつまらなそうだし、息子はポーランドに行っていないし、日曜の朝早くから2時間もかけて行かないといけないし…休んでしまいたい理由はいろいろあったのですが、今年入部したばかりで初めてなので、とりあえずは行ってみることにしました。

初めに部会長の話があったのですが、その話がとても印象的で、これを聴けただけでも来た価値があったなと思うほどのものでした。

このヨットクラブはボランティアで成り立っており、コーチもこのヨットクラブのOBで、自分の子供を今、クラブに通わせている親がやっています。救命ボートに乗って子どもたちのヨットの周りをパトロールするのも親が当番でやり、陸上で海からの通信を聞きながら出艇・帰着の手伝いをするのも親が当番でやります。だからクラブ費もはとても安く、一見高級スポーツと思われがちなヨットを普通の家の子どもが楽しむことができます。それに当番があるので、親同士が会う機会も多く、子どもだけでなく父兄の間でも親交が深まるのも良い点です。

昨日の部会長の話は、まずはその「ボランティア」についてでした。「ボランティア」というのは無償で何かを人のためにすることですが「やってあげている」という気持ちでやるのであれば、それはもう「ボランティア」ではなくなってしまう。無償でやっているのだから、自分の好きなようにやって当然、という考え方も本当の「ボランティア」精神からは外れていて、ボランティアを受ける側の意に沿って、本当にその人たちがやってほしいように手助けするのが本当のボランティアだと言うのです。無償でやることで「権力」を得るのはおかしいと。

全く同感でした。私はこれまで「ボランティア団体」などに入ってボランティアをすることにひどく抵抗があったのは、そこだったんだ、と改めて感じました。もちろんみんながみんなそうではないと思いますが、ときどきいかにも「奉仕をしてあげている」という態度の人を見たりすると、つい抵抗を感じてしまうのです。このクラブでは手伝う親も、コーチをしている親も、みんな楽しんでやっているからこそ、子どもたちも楽しいし、のびのびとできるんだなと感じました。

そしてもう一つ部会長の言葉で印象的だったのは、クラブとスクールの違いについて。これはあくまでもクラブであり、みんなで創っていくもので、コーチがヨットレースに勝つためのノウハウを教えて、それを子どもに叩き込み、子どももそれを「教えてもらう」ために来るような場所ではない、ということ。だから、レースに勝つためにこのクラブを利用する気ならやめてほしい。それだったらヨットスクールに行くように、と。クラブというのは、誰かからノウハウを教えてもらうところではなく、みんなでいっしょにヨットをすることで、ほかの子がやるのを見て何かを発見し、わかったり、コーチに注意されることで自分でどうすればいいか試行錯誤して、速く進む方法を見つけだしたりする場所だと言うのです。自分で考えることに意味があり、みんなで助け合って教えあって何かを得ていくことにクラブの最大の意味があるのだと。

このクラブ、いろんなところを見て比較して決めたわけではなく、たまたま電車のつり広告に出ていたのを見て、入会を決めたのですが、昨日この部会長の話を聞いて、つくづくこのクラブに入れて良かったな、と思いました。まさに私が希望していたクラブの形にピッタリだと。

息子は毎週日曜日の朝6時に起きて出掛け、往復4時間もかけて朝から夕方までの練習に出ないといけないのですが、本当に楽しんでやっています。息子曰く「一週間のもろもろのストレスをすべて海に流してくるんだ」そうです。「子どもも結構ストレスがたまるもんなんだ」そうです。一度も休みたいと言ったことがないどころか、むしろレースなどで練習のない日はとても残念そうです。荒天の時は、沈することもあり、冬場は長時間海から這い上がることができなければ、命にも関わる危険性も伴います。なので日ごろから、沈したら自分のことはさておき、まずは沈した人を助けることが先決だと教えられます。出艇・帰着も、みんなで助け合ってやります。そんなところから仲間意識も生まれ、喧嘩をしたりお互い怒鳴りあったりしながらも、結束が守られているんだと感じます。

ちょっといやいや行った総会でしたが、心がほっこりするような話を聞き、嬉しくなりました。

スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと│ジャンル:日記
思うこと | コメント(2) | トラックバック(0)2009/12/21(月)23:16

コメント

Re: タイトルなし

あきこさん

コメントの返事を書いたつもりが、なぜか更新されないままになっていました~。
そんなわけで、こんなに遅くなってしまったし、前に何を書いたかも忘れてしまいましたが…。
> 特に日本人は、「してもらう」「してあげる」という感覚が強いように思います。
> 一から十まで教えてもらうのが学ぶことだと、
> 子供の頃から習慣となっているからでしょうかねぇ。
本当にそうだと思います。何をどうやってやらなくてはいけないか、親が全部言ってしまうし、学校に入るとすべて規則で決まっているし。子どもはもともと創造力豊かなのに、周りの環境でそれが消されていくのだと思います。

> これ、ボランティアにも言えることで、
> ほんとに「してもらう」「してあげる」ではないですよね。
> 人のために役立つことで、自分自身がお金では得られない
> 何かを得る。
> これって、ボランティアだけじゃなく、
> 本来働くってことの意味も、こうでなきゃいけませんよね。
全く同感です!お金では得られない何かを得られる仕事だから続けたいし、もっと良い仕事(完成度の高い)がしたいと思えるのだと思います。

2010/01/03(日)12:47| URL | sarasa #- [ 編集]

私もお教室をやらせてもらっているわけですが、
この「試行錯誤」の気持ちをもってもらうというのが、
意外と難しいんですよね。
特に日本人は、「してもらう」「してあげる」という感覚が強いように思います。
一から十まで教えてもらうのが学ぶことだと、
子供の頃から習慣となっているからでしょうかねぇ。

これ、ボランティアにも言えることで、
ほんとに「してもらう」「してあげる」ではないですよね。
人のために役立つことで、自分自身がお金では得られない
何かを得る。
これって、ボランティアだけじゃなく、
本来働くってことの意味も、こうでなきゃいけませんよね。

なんて言うのは簡単ですが、
実行するのは難しい~。

2009/12/23(水)16:04| URL | あきこ #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

雨月更紗

Author:雨月更紗
ポーランド人の夫と12歳の息子の3人暮らし。


メールはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。