スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

今年もどうぞよろしく

あっという間に年が明け、もう13日です。
今年もぼちぼち書いていこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

年末年始はあっという間でしたが、とってものんびりできました。年末から年始にかけて、村上春樹のポーランド語訳をやっている友達(ポーランド人)とご主人(アメリカ人)と息子(11歳)が1週間ぐらい泊まりに来ました。

我が家は3人も普通に泊められるほど大きくないので、マットに寝袋というキャンプのような状態での1週間。結構楽しかったし、それほど窮屈でもありませんでした。お互い気を遣わないせいか、疲れることもなく、いろんなおしゃべりをし、食べ、散歩をし、食べ、とぐうたらだけど、楽しい1週間でした。

彼女はすでに村上の作品を6冊も訳しており、25日には「海辺のカフカ」も出版される予定。日本語面での翻訳の手伝いをいつもスカイプでやっているのですが、彼女の翻訳の姿勢から勉強になることは多いです。言葉に対する意識が研ぎ澄まされていて、本当にわずかな言葉のニュアンス、表現の違いもきちんと区別し、訳に反映させていきます。
翻訳をやっていると、言葉には敏感になるし、微妙な表現の違いなども気になるようになりますが、彼女はその点で、とても優れていると思います。

世界は村上春樹をどう読むか 世界は村上春樹をどう読むか
国際交流基金 (2006/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る
彼女は、今発売されている「世界は村上春樹をどう読むか」にも登場しており、彼女について書かれている部分の原稿の手伝いをしたことから、本をプレゼントしてくれました。

まだ、途中までしか読んでいないのですが……村上春樹って、そんなにすごい作家なんだ~と。各国での読者の反応は、面白いけど、彼の作品に対する評は、評ばかりが先行しているのでは、と思ってしまう部分も。

さてさて、そんなわけでのんびりしすぎ、仕事その他でエンジンがかかり始めたのは、息子の学校が始まった9日ぐらいからでした。


毎年のことですが、今年やりたいことなども仕事面、生活面、家族面などで考えてみたりもしました。

いろいろやりたいことは、本当にたくさんあるのですが、今年は絞って実現したいです。
何よりもやりたいのは、本の翻訳。どうしても訳したい本が今、3冊あり、まだ増加中。
1冊は、哲学・心理学的な本ですが、一般者向けのもの。もう1冊は小説。そしてもう1冊は児童書。それぞれジャンルは違いますが、とっても良い本なので、是非是非日本の方にも読んでもらいたいものばかりです。ポーランドのようなマイナーな国の本ですが、出版してみようと言ってくださる出版社はないものでしょうか?今年は、本格的に探してみようと思っています。

あと、今年は明るく過ごしたいなと。私はそれほど暗いほうではないと思うし、全体的には楽天的で立ち直りも早いほうだと思うのですが、沈むとはまってしまうこともあり……。特に冬は苦手です。なので今年はなるべく、明るく自分の足元を照らしながら進んでいきたいです。

そんなわけで、今年もどうぞよろしく。

スポンサーサイト


日常 | コメント(0) | トラックバック(1)2007/01/13(土)10:44

コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://zatsunenzakki.blog60.fc2.com/tb.php/118-251d1692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

村上春樹

村上春樹 村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、米文学翻訳家。概要京都府京都市生まれの兵庫県芦屋市育ち。住職の息子で国語教師でもある父と、大阪の商人の娘である母の間に生まれる。兵庫県立神戸高等学校卒業。早稲田大

2007/03/28(水)09:31│ユウリのblog

«  | HOME |  »


プロフィール

雨月更紗

Author:雨月更紗
ポーランド人の夫と12歳の息子の3人暮らし。


メールはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。