スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

夏休み!

夏休みです!
息子はすでに夏休みに入ってもうすぐ2週間になるのですが、私もやっと夏休みを取ることにしました。
今年は、夫は研修医1年目で長い休みなどとても取れないので、私と息子と2人で実家(広島)に帰ることに。それも青春18きっぷで。

電車が大好きな息子のリクエストです。途中、友達の家に寄ったり、小さな駅の町で泊まったりしながら4日間かけて広島まで行きます。頑張れば1日でいけなくもないし1泊で十分なのですが、せっかくだから新幹線と同じルートではなく、行ったこともないような山の中を通って行きたいから、と選んだのがこのすごいルート。いくつも山越えし、山陰から広島に入ります。ルートを決め、スケジュールを考えるのは息子の役目。私はその通りについて行くだけです。
時刻表を見ながらルートを考えるだけで、息子はすごい興奮。このままで行くと4日間興奮状態は続きそうです。

帰りも青春18で、と思っていたのですが、母が孫と二人だけでどこか温泉にでも行きたいみたいなので、仕事のある私は先に東京に戻ることになりそうです。
やっぱり孫って特別なんでしょうか?それほど子供が好きでない母も、孫とはいろいろどこかに行きたいみたいで、今回もそうですが、冬休みもすでに孫と二人でクルーズに行く計画ができています(←うらやましい)。

私も子供のころ、祖父母の家に泊まりに行ったり、一緒にどこかに行った思い出がありますが、こういうのって絶対忘れないし大切だと思うので私も嬉しい!

スポンサーサイト


日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/07/30(水)11:48

エコの世界へ

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2008年 08月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2008年 08月号 [雑誌]
(2008/07/10)
不明

商品詳細を見る

どこを向いてもエコブームです。今月号のクーリエもエコがテーマ。
環境問題って大切だとは思うけど、ブームになるようなものでもないと思うんだけど。どうも私は「ブーム」というのが苦手で、へそ曲がりなのでつい「ブーム」になると目を背けたくなってしまいます。だってブームって一時のものでしょう。良いものはいつまでも良いし、考えなくてはいけない問題はブームとともに忘れられるのではなく、ずっと考え続けなくてはいけない。それに、ブームになるとその波に乗って必ず金儲けをする奴が現れるのもいただけない。エコについてもなんでもエコにこじつけてビジネスにつなげてしまう。それがうまくいくとつい悪徳商売へも足を踏み込んでしまいたくなる人が出てくるのもある意味、自然な流れで・・・。

ブームになるとつい、過激反応を起こすことも多いし。たとえば白熱灯が売られなくなるというのも信じられないバカげた話。じゃあ、エコの先進国デンマークでは何で今でもまだ使っているのよ。蛍光灯が嫌いな私としては、こんなところで節約しなくっても、まだまだ無駄な灯りをいっぱい日本はともしているだろう!と言いたい。

それはともかく、今回のクーリエの「アート」のところで、間抜けな絵画泥棒の記事の抄訳をしました。

今日から4日間、エコ生活を送るために自然の中にこもってきます。

テーマ:雑誌│ジャンル:本・雑誌
クーリエ・ジャポン | コメント(0) | トラックバック(0)2008/07/11(金)08:45

最近思うこと

*秋葉原事件とか、家族全員を殺したりとか、簡単に人の命を奪ってしまうような事件が続きましたが、1つ思うことは、誰でも自分のことに気づいてほしいし、価値のある人間だと思ってほしいし、大事な一人なんだと思ってほしいってこと。これはきっと生まれたばかりの赤ちゃんから死ぬまできっと変わることのない人間の欲求なんだろうと思う。
 時々、相手の言うことを聞いたり見たりして「すごいな」と思ったり「いいな」と思ったりするけど、わざわざ口には出して言わないことがある。特にそれが夫や子供など身近な人だと、わざわざ言わなくても分かってくれるだろうという安心感も手伝ってそうなってしまうことも多いのかも。でも、そういう相手を認める言葉って言っても言い過ぎることはないんだと思う。
 わざわざお世辞を言う必要はないし、そんなの言ってもらっても嬉しくもないけど、相手を「すごい」と思う気持ちはどんなに小さなことでもやはり言ったほうがいい。自分も言ってもらったらやっぱり嬉しい。本当に小さなことだけど、そういう一言で「自分は一人ぼっちなんだ」「誰も自分のことを分かってはくれない」という気持ちが和らぐのではないだろうか。

*自分がどうしても守りたいこと、守らなくては自分の沽券ににかかわるようなことってそんなに多くはない。多いはずもない。そういう本当に大切なことさえ大事に守っていれば、あとはある程度譲ってもいいんじゃないかなと最近思う。その方が自分も楽だし相手も楽。
 逆にあまりにいろんなことにこだわり、気にしすぎていると、いつの間にか本当に自分が大切に思っていたものを見失ってしまったり、手放してしまったりすることだってある。

*自分の目的を見失わないこと。本当に行きつきたいところは何なのかを明らかにして、それを見失わないこと。そこに行きつくまでにはいろんなことがあり、うまくいかないことも気に入らないこともあるかもしれないけど、そんなときでも必ず「私はどこへ行きつきたかったんだろう。そこへ行きつくにはこれは大切だろうか。これが進むべき道なのだろうか」と自分に問い返すことが大切。そうすればおのずと進むべき道も見えてくるだろう。

こんなことをここ1か月ぐらい考えておりました。

テーマ:日記│ジャンル:日記
思うこと | コメント(0) | トラックバック(0)2008/07/01(火)16:13

«  | HOME |  »


プロフィール

雨月更紗

Author:雨月更紗
ポーランド人の夫と12歳の息子の3人暮らし。


メールはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。