スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

セックスレスの国

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2008年 06月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2008年 06月号 [雑誌]
(2008/05/10)
不明

商品詳細を見る

クーリエジャポン6月号のNIPPONの中の記事「ポーランド誌にまで取り上げられた”性天国”日本のセックスレス夫婦」の記事選択と翻訳をしました。
世界でも最も少子化・高齢化の進んでいる日本ですが、その理由の一つにセックスレスがあります。日本では子供が生まれたら別々に寝る夫婦も多いし、社会的にも夫婦で一緒に行動することってあまりないですよね。結婚式にも夫婦で呼ぶことはないし、友達と会う時も夫婦揃ってってことはあまりないですし。うちの場合は夫がポーランド人で日本語もできるので私だけでなく、夫もよんでもらえることが多いですが。

こういう習慣ってアジアは大体どこでもそうなのかなって思っていました。特に韓国や中国は同じなのではないかと。だけど、先日、韓国人の夫婦と知り合い、聞いてみたら韓国では夫婦揃って友達の家に行くことがほとんどだとか。結婚式も夫婦で招待するといっていました。日本は何でこんなに夫婦が別々になってしまったんでしょうね?

スキンシップも日本人は異常に少ない気がします。韓国人とかは結構情熱的で、抱き合ったりしているのをよくこれまでも見ましたが、日本では子供にでさえ、ある程度の年齢に達すると触れることがなくなるように思います。

息子はそれがどうも苦手のようです。ポーランドでは友達にあったら握手するし、嬉しい時はキスしたり抱き合ったりするのに、日本の学校でそれをすると「キモッ!」って言われるって。その分家では何の遠慮もなく抱きついてきたり、気がつけばひざの上に乗っていたり、キスしてきたりというのはしょっちゅうですが。

さて、今回の特集記事になっている食糧戦争ですが、ポーランドの新聞や雑誌でも大きく取り上げられています。世界的な問題になってますよね。バイオエネルギーは一方では石油やガスに頼らないエネルギー源として注目されていますが、もう一方では食糧問題という新たな問題を生んだような気がします。それに、これはポーランドの雑誌で読んだのですが、バイオエネルギーと言えばいかにも省エネのように聞こえるけど、実はバイオエネルギーを作る過程で、随分多くのエネルギーを必要としており、二酸化炭素の排出量も多く、実は従来の石油やガスをエネルギー源として使ったほうが省エネで環境にも良いとありました。

そういうことって結構あるのではないかと思います。表だけを見てブームに乗るのは非常に危険ということでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:雑誌│ジャンル:本・雑誌
クーリエ・ジャポン | コメント(2) | トラックバック(0)2008/05/13(火)18:56

少しずつ前進

私はもともと中・東欧の国際関係が専門で、今でもやはり興味があるのはこの分野です。
この分野に興味を持ち続けること20年!自分でも、こんなに長い間興味が持続しているのが不思議なくらいです。

Courrier Japonに載せる記事を選ぶのにポーランドの新聞や雑誌を読んでいても、やはり中東欧の国際関係に関する記事で面白いのがあると、つい興奮してしまうし、もっと深く知りたくなってきます。そして、面白い記事を見つけ、それを翻訳することができるのは、とても楽しいし、多くの人にもっと中東欧のことを知ってもらえるのも嬉しいです。

記事をいろいろ読み、内情がわかってくると、それについての自分の考えや、ニュースの裏に見え隠れする真実を探って、そのことについて書いてみたくなるものです。これはずっと前からいつかは絶対やってみたいことの1つでした。日本のメディアでは絶対に報道されないことを、現地のメディアが読めるからこそ知ることができる。現地の言語が理解できる者の特権だと思うのですが、それを日本の人たちにも知ってもらいたい、真実を知る喜びを分け合いたいという気持ちが、読んでいるとフツフツとわいてくるからです。

そんなことを思い続けていたら、ひょんなことからヨーロッパに住むビジネスマンを対象にしたWebニュースで、4週間に1度の割合でコラムを書かせていただけることになりました!
ビジネスマンを対象としているので、ポーランドの経済問題にスポットをあてた内容になるのですが、もちろん政治も自然とかかわってきます。

これまでは仕事柄、ポーランドメディアを読む時も、世界の記事に目が行くことが多かったのですが、これからはポーランドの政治だけでなく経済の記事を読む機会が増えそうです。もっとポーランドの現状について深く知りたいと思っていただけに、今回の仕事は一石二鳥でした。

会員制のサイトなので、全文は会員登録しないと読めないのですが、一部は読むことができます。下記のサイトの中にある「中東欧ズームイン」のなかで書いています。名前は本名で。今回は「中銀総裁と首相の対立」というテーマで書きました。よかったら覗いてみてください。

http://news.nna.jp/eu.html

テーマ:東欧│ジャンル:海外情報
仕事 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/05/08(木)15:57

«  | HOME |  »


プロフィール

雨月更紗

Author:雨月更紗
ポーランド人の夫と12歳の息子の3人暮らし。


メールはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。