スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

神さまについて

みほさんのブログを読みコメントを残そうと思ったのですが、長くなりそうだったのでこちらに書くことにしました。

この先、かなり長いです。



>>続きを読む

スポンサーサイト


思うこと | コメント(2) | トラックバック(0)2007/03/13(火)10:00

名刺

名刺を配ることってそんなにないが、それでも名刺が切れたので新たに増刷した。考えてみると今の名刺は私にとって4種類目。

1つ目は初めて就職した時に作ってもらったもの。
団体のロゴ・自分の名前・タイトル、すべてがやたらゴツゴツしていて大きく、それぞれが自己主張しているような名刺だった。国際団体だったので、裏面には英語でも印刷してあった。紙もツルツルして硬く、見た目はお世辞にも美しい名刺とは言えないものだったが、それでも初めて自分の名刺を手にし、どこか大人になったような気がして嬉しかった。

2つ目の名刺は転職したときに会社が作ってくれたもの。今度はかなり小ぶりで角も丸く、色もきなりできゃしゃな名刺だった。こちらも裏面は英語で印刷がしてあった。すべてがこぢんまりとまとまっており、前の名刺がひどかっただけに、この名刺にはかなり満足した。

3つ目の名刺はフリーになってから必要に迫られて作ったもの。何しろ急いで作ったため、デザインも少しは考えたものの、紙質などかなりいい加減に選んだ。社名がないので少なくとも肩書くらいと思い「ポーランド語翻訳・通訳・フリーライター」とたくさん並べた。途中から会う人によって「翻訳・通訳」用と「ライター」用とを使い分けるようになった。

4つ目が今の名刺。非常にシンプル。名前と住所・電話・携帯電話・メールアドレスそして私の名前の1文字を入れたはんこだけ。肩書きも入れなかった。その時によっていろんな仕事をするし、名刺を渡す相手も仕事関係の人だけではないし。そして、何よりも肩書きなんかなしで私を私として見てもらい、必要であれば名刺をあげた相手の人が何かメモすればいいかなと思ったから。

肩書きを取って見た目も気持ちもすっきりした。分類されていない自分がそこにはあった。紙もちぎり和紙を使ってみた。印刷したあと手でちぎっていく。ちぎり方が微妙に違うため、1枚1枚少し違った感じがする。
ちぎり和紙にすると決めたとき、夫は「えっ、こんな紙の名刺を仕事に使って大丈夫?」と言ったが、案外この受けがよかった。やはり目立つらしい。いろんな人から「いい名刺ですね」とか「ユニークな名刺ですね」と言われ満足。

たった1枚の名刺だけど、やはりそこには人柄が表れると思う。また、そこに人柄が出せればよいと思う。今の名刺が一番私にぴったりしているような気がする。


仕事 | コメント(0) | トラックバック(1)2007/03/05(月)14:20

蘇ろうとする大国ロシア

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2007年 3/15号 [雑誌] COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2007年 3/15号 [雑誌]
(2007/03/01)
講談社

この商品の詳細を見る

木曜日に発売になったクーリエ・ジャポンで「ロシア正教会とプーチン政権『カネ』が取り持つ蜜月関係」の翻訳と「極北の『ノアの方舟』世界の食糧難を救う?」の要約(といってもこれは短い記事だったのでほとんど翻訳のようなものですが)をしました。

クーリエに出す記事はどれも自分が載せてほしいと思って選んだものばかりですが、その中でもやはり特に載せてほしいものと普通に載せてほしいものとあるのです。今回のロシア正教会の記事は特に載せてほしいものでした。だから掲載が決まった時にはとっても嬉しかった!

ソ連が崩壊して、ロシアはヨーロッパや西側世界の仲間入りをしたかのように関係が友好的なものになっていきました。歴史的な事実はさておき国際的な協調関係を築いていくことは確かに大切なことだと思います。ただ、一方でロシアという国の脅威も忘れてはならないと思うのです。ウクライナ・ベラルーシ・グルジア・モルドバなどに対する政治的、経済的制裁など、ロシアは依然、旧ソ連諸国はロシアの属国ぐらいに考えている節があります。また、大国ロシア再生のためには手段を選ばないようなところもあるわけです。今回の記事もそれを感じさせるもの。しかも正教会が絡んでいるというのは、ソ連時代には見られなかったロシアになってからならではのやり方。プーチンのしたたかさを感じずにはいられません。

今回もかなりタイトなスケジュールでの翻訳でしたが、内容が面白かったので本当に楽しんで訳させていただきました。
また、1度に2つの記事が採用になることも今回が初めてでした!
もう1つのノルウェーのノアの方舟の記事は、気持ちが温まる記事です。世界が協力して食糧問題を考えた結果のような……。

今回の号をもって「クーリエ・ジャポン」は隔週誌から月刊誌になります。月刊誌になることで、もっと長い記事・読ませる記事・説得力のある論説などが掲載されれば良いと思っています。少し間が空き、次号は5月10日発売となります。

テーマ:雑誌│ジャンル:本・雑誌
クーリエ・ジャポン | コメント(2) | トラックバック(0)2007/03/04(日)09:00

遊んでばかり

ここ数日遊んでばかりです。土曜日には息子と今シーズン最後のスケートに行き(この日は寒くて寒くて……)日曜日は息子の学校の学習発表会を観に行き(この日も寒かった~)月曜日はスキーに行き、昨日は友達に久々に会い。
どれも楽しかった!
近所だからと思っているとなかなか会えないもので、昨日会った友達とも本当に久しぶりでした。あれやこれやいろんな話をして気がついたら3時間も休みなく話し続けていました!お互いよくしゃべり、よく笑った(=健康)。

今日も2か月も前に約束していた友達と会う予定。あまりに早く約束しすぎて危うく忘れるところでした。明日も昼は息子の保護者会、夜は友達が家に遊びに来る。
仕事上そして性格上家にこもることが多い私としてはめずらしい。
でも、やりたい仕事、やらなきゃいけない仕事(確定申告)もあるし、もうすぐ息子は春休みに突入するので、来週はまた家籠りかな。


日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/03/01(木)06:48

«  | HOME |  »


プロフィール

雨月更紗

Author:雨月更紗
ポーランド人の夫と12歳の息子の3人暮らし。


メールはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。