スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

馴染む国民性

またまたご無沙汰です。
サッカーには日ごろから全く興味のない私ですが、今回のワールドカップ、結構観ています。ポーランドのフリーガンが暴れるなどと、前からうわさされていたこともあり、始まる前から、対戦相手をチェックしたりしていました。

残念ながら、日本もポーランドも予選で敗退。
日本チームは、ここぞというときに、シュートをせず、パスして譲り合う、なんか積極性にかける試合で、観ていてじれったかったです。
ポーランド戦は、BSのない私は観ることができず……。でも、ポーランドの新聞の評を読み、大体知ることができました。エクアドル戦は目も当てられない状態だと、書かれていました。

なぜ、ポーランドチームが負けたか、それを分析する記事などもあり、面白かったので、「鷲が見た世界」に載せました。

ポーランドにいたとき、よく「更紗は実はポーランド人じゃなかったの?」などと言われました。それ程ポーランド人に馴染めたのかもしれません。
でも、「鷲が見た世界」用の文を書きながら、気がついたのです!
この国民性、私にそっくりかも!自分が「簡単」と見て取ると、力を加減するところ。でも、難しい問題にぶつかると、普通以上に頑張ってしまうところ。野心に欠け、他を蹴落としても伸びてやる、という力強さのないところ。いい加減なところで、自分に◎をつけてしまうようなところ。あ~~これって、私かも……。
もしかして、だからポーランド人とピッタリきていたし、向こうにとっても違和感なかったのかもなぁ。
もう一息のところで、手を抜いてしまうポーランドのサッカーチーム。あまりに似過ぎていて、思わず共感(汗)。

スポンサーサイト

テーマ:サッカー│ジャンル:スポーツ
AFP | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/30(金)16:51

フェイント

今週は歌舞伎を見に行ったり、個人面談があったり、ちょっとのんびりしたり。
そのしわ寄せが今日、金曜日に。
金曜日は息子の習い事があるため、5時まで仕事ができる。
よし、一気に今日は仕事を片付けるぞ~と思いきや・・・
7時半に連絡網。大雨洪水警報が発令されたため、今日は休校。
なんで~?午後から雨はあがるといっていたのにぃ。
案の定、午後からは晴れたし・・・。
おかげで今日の計画はおじゃん。
細切れの時間を利用して、やっと終わりに。
ふぅ、疲れた。

テーマ:仕事と子育ての両立│ジャンル:就職・お仕事
日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/16(金)22:52

個人面談

明日は保護者の個人面談。
子どものころ、この保護者面談が嫌いだった。

私のことについて話すのに、話すのは保護者と先生だけ。当の本人は蚊帳の外。話の中で、先生が私についてどう言ったかによって、あとで母にほめられたり叱られたりする。まるで先生が言っていることが絶対正しいかのように。

中学の時、一度先生に「私のことについて、何か問題がある場合、母に話す前に私にも言ってください。そうすれば、私も自分の考えが言えますから」と保護者面談の前にお願いしたことがあった。それでも、先生は言葉を濁すだけで、何も言わず、2日後の保護者面談で、私の日常の言動について、母に批判した。
その内容よりも、私には何も言ってもらえなかったことが、まるで一人の人間として扱ってもらえてないようで、悲しかった。

だから、息子には、保護者面談で私を通し、先生に言いたいことがないかきき、私は先生に何を話そうと思っているかを伝えることにした。

以下、かなり長いので、興味のある方だけどうぞ。


>>続きを読む

テーマ:小学校│ジャンル:学校・教育
子ども | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/14(水)07:12

畏れ慄いて

畏れ慄いて 畏れ慄いて
アメリー ノートン (2000/12)
作品社

この商品の詳細を見る

この本ではなく、映画を観ました。日本では公開されてない(?)
と思うのですが。
日本とベルギーの合作だと思います。半分は日本語、半分はフランス語。それを英語の字幕で、という複雑な見方でしたが、とても興味深い映画でした。
日本で育ったベルギー人女性が日本の会社で働く様子を描いたものです。かなり誇張されている部分はもちろんあるのですが、それでも、考えさせる点も多々あり。日本の会社、社会、人間関係などなど。。

本もあるのなら、本も読んでみようかな。


映画 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/06(火)18:06

星になった少年

星になった少年 スタンダード・エディション 星になった少年 スタンダード・エディション
柳楽優弥 (2006/01/27)
東宝

この商品の詳細を見る

最近映画づいています。いくつか観たのですが順々に。
まずは「星になった少年」。
カンヌで賞をとった柳楽くん主演で、どうかな、と思ったけど、良い映画でした。
演技も自然で。でも、まぁ普通にしていれば、こうなるのかな、と思われる部分もあったけど。普通にするのが難しかったりもするので。
常盤貴子は、お母さん役にはちょっと若すぎるのでは……、と思いました。

全体的には、とても良かったのですが、これさえなければ……と思う部分が1箇所。これを読むと結末がわかってしまうので、この先は、まだ観ていなくて、今後観ようと思っている人は、読まない方が良いかも。


>>続きを読む


映画 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/05(月)18:51

子どもを危険から守るのは?

今年の初めごろから子どもを狙ったいろんな事件があったためか、最近では、危険情報を携帯メールに送ってくれるサービスを市や区でやるところも増えているようです。でも、そこの出てくる「怪しい人」とは、どんな人なのでしょう?見てわかるものなのかな?



>>続きを読む


子ども | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/05(月)09:25

ことばの力

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 6/15号 [雑誌] COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 6/15号 [雑誌]
(2006/06/01)
講談社
この商品の詳細を見る

今日発売のクーリエ・ジャポンの「スイス銀行『秘密厳守』のおわり」の記事選択と翻訳を担当しました。良かったら書店で手にとって見ていただけると嬉しいです。
今回はワールドカップの非公式ガイドも特集になっています。もうすぐですね。ポーランドのフリーガンが、暴れると恐れられていますが、どうなるのでしょう?

私のように翻訳や、文章を書くことを仕事にしていると、自分の語彙の乏しさ、表現力のなさ、翻訳の時などは、知識の狭さなどを感じることが多々あります。
ほんと、毎日が勉強で、終わることがありません。
だから刺激があって面白いのかもしれませんが。
でも、時々大変です。
ことばに対しても、敏感になり、ぴったりくる表現や、うまい言い回しなどに出会うと、すごい!と思います。ことばの力を感じます。
私はまだまだです。でも、成長していきたいと思っています。


クーリエ・ジャポン | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/01(木)17:18

«  | HOME |  »


プロフィール

雨月更紗

Author:雨月更紗
ポーランド人の夫と12歳の息子の3人暮らし。


メールはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。