スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

初聖体

日曜日は息子の初聖体でした。
昨年の夏ごろから準備をはじめ、子どもはシスターから授業を受け、その間親同士は、お祝いの会や教会の飾りつけなどについて話し合い、準備。その入念な準備の甲斐あって、とっても感動的な初聖体となりました。

ポーランド語のミサで、こんなにまとまって6人もの子どもが初聖体を受けるのは、今回が初めて。白い服を着て、ろうそくを持った子供たちは、本当に天使のようでした。

日本に住むポーランドと日本人の夫婦は、妻がポーランド人で夫が日本人のパターンが圧倒的に多く、今回初聖体を受けた子どものお母さんも、私以外みんなポーランド人。そんなわけで、私もポーランド人のママ群の中に入って、いろいろ話し合いました。そのおかげで、これまで個人的に話すことのなかった人たちとも仲良くなれたし、ポーランド人の心に根付いているカトリック教会の強さも改めて感じました。

そして、シスターとも帰る道すがらいろんな話ができたのも、とても良かった、というか癒されました。シスターにもいろんな人がいますが、息子が授業を受けていたシスターは二人とも本当に誠実で温かい人たちで、話をするだけで、私の気持ちまで温かくしてくれるような人。

息子の初聖体そのものも、私と夫にとっては大きな喜びでしたが、私自身も、今回いろんな良い体験をさせてもらえました。

スポンサーサイト


子ども | コメント(0) | トラックバック(0)2006/05/16(火)21:59

誕生日

昨日は息子の誕生日でした。
いつも感じることですが、もう8年も私のお腹から出てきた命が育っているというのは感動です。
8年間、こんなに多くの喜びや感動を与えてくれたことに感謝。


子ども | コメント(0) | トラックバック(0)2006/05/13(土)08:07

ピアノ

最近またピアノを始めた。と言っても気が向いた時に、じぶんでちょこっと弾くだけなんだけど。
でも、やっぱり音楽っていいな。自分の気持ちが自然に出せる。
幼稚園から中学2年までピアノを習っていたけど、18歳ぐらいから全然弾いていなかったので、とても上手とはいえないけど、弾くと気持ちが落ち着き、心なしか穏やかになれる。
息子にも時々気が向いたら私と夫とでピアノを教えている。
楽譜の通り弾くのも好きだけど、いろんな音を試してみて、自分の音楽を楽しむのが息子はお気に入り。そして私も。
音楽ってやっぱり音を楽しむためにあるのだから。

テーマ:雑記│ジャンル:日記
日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/05/10(水)08:51

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークも終わりましたね~。今年は長かった!息子は4月29日から7日まで休みでした!
友達が遊びに来たり、遊びに行ったり、充実したお休み+少し仕事でした。

29日にはイタリア人のカメラマンの友達とそのガールフレンド(日本人)が来てくれました。私はスパゲティーのアルデンテにはかなりこだわるほうで、気にしない夫と息子の理解が得られないのですが、やはりイタリア人はきちんと気にするんですね。おしゃべりをしているとせっかくのアルデンテが台無しになるから、スパゲティーはさっさと食べるように、と言うほどとか!今度美味しいティラミスの作り方も教えてくれると言うので楽しみ♪報道カメラマンなので、いろんな国の写真も撮っているらしく、こんど家でスライドショーをすることにも。こちらもすごく楽しみ♪

息子は来週の日曜日、初聖体。子どもが初めて聖体をいただけるようになる日なのですが、そのために、シスターから宗教の授業を受けたり、いろんな準備をします。ポーランドは日本よりもずっと厳しく、試験もあるのです。30日がちょうどその日で、神父との面接(試験)がありました。

1日から2日はユダヤ系イギリス人の友達とその姪(イスラエル人)が遊びに来てくれたのですが、詳しくはベジタリアンの厨房で。

3日から5日は軽井沢の友人の別荘で薪割りと農作業。日ごろ使わない筋肉を使って、すごい筋肉痛に!でも、やはり自然はいいな。森の中で過ごすと、たった3日間だけなのに、1週間ぐらい東京を離れていた気分になります。

6日はまた、息子が初聖体のための最後の講義を受けに、シスターのいる修道院へ。そこは5人のシスターだけがいる小さな修道院で、そのうち4人はポーランド人。残りの1人は日本人なんだけど、必要に迫られポーランド語を勉強しているとか。子どもが講義を受けている間、ポーランド人のお母さんたちと初聖体後のお祝いの会の準備についての話合い。
私自身は大人になって洗礼を受けたので、初聖体の経験もなく、ましてやポーランドではどんな習慣があるかなんて空知らず。ポーランド人ママ群の気合の入れように驚くばかりです。

7日はミサのあと息子の初告悔。そして初聖体のための最終準備。ここまでいろいろ準備すると、息子もその重要性を感じ取るみたいだし、親も気持ちが高ぶってくるものです。
来週、晴れてくれればいいけど。

そんなわけで、あっという間のゴールデンウィークでした~。


日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/05/08(月)10:12

ダ・ヴィンチ・コード

クーリエ12
なんか宣伝ばかりですみません。5月2日に発売された「クーリエ・ジャポン」のダ・ヴィンチ・コードの特集で「教会の反発で撮影は極秘に・・・」の記事選択・翻訳をしました。
「ダ・ヴィンチ・コード」もうすぐ公開ですね。カトリック教会の強いポーランドでは、かなり批判的ですが、この本や映画を見て、キリストは実は結婚していて、その間に子どもまでいるという話を信じる人がいるのでしょうか?フィクションとして考えれば面白いのかもしれませんが。どうなんでしょう?キリスト教徒は無関係の日本人の読者は、この本をどのように読むのでしょう?その辺、興味があります。

あと、とっても小さな記事ですが、chit chatのなかの「すぐやる課」の翻訳・記事選択も担当しました。


クーリエ・ジャポン | コメント(2) | トラックバック(0)2006/05/06(土)08:19

«  | HOME |  »


プロフィール

雨月更紗

Author:雨月更紗
ポーランド人の夫と12歳の息子の3人暮らし。


メールはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。