スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

父に伝えたかったこと

恵みのとき
父が亡くなってから半年が過ぎました。何もなかったかのようにいつもと同じく時が過ぎ、いつもと同じく毎日を過ごしているけど、時々ふっと悲しみが襲ってきます。反対に、父が残してくれたいろんな思い出や言葉を思い出し、嬉しくなったり、力をもらったりすることも。

復活祭の日、教会の帰り、四ッ谷駅で昔行っていた教会の友達にばったり会いました。その2日後、その友達から1冊の本が届きました。私がポーランドに行くちょっと前に、通っていた教会に助祭として来た晴佐久神父の本でした。

この本「恵みのとき」は絵がたくさんある詩集なので、息子も読んで欲しいと言い、一緒に読みました。胸がつまり、言葉もつまり。
そこには、私が父にずっと伝えたかった言葉が、全て詰まっていたのです。

自分なりに、言葉にして伝えたつもりだったけど、あのときは伝えたかったことのほんの一部しか伝えられなかったような気がするのです。遠慮がちな父のこと。何度か涙が自然にこぼれたこともあったけど、泣きたいだけ泣けなかっただろうし、甘えたいだけ甘えることもなかったんじゃないかな。

この本は最初は神父の教会で信者にプリントして配られたものが、信者に広まり、信者が病気の友達にあげ、それが患者の間で広まり、それがまた別の患者に伝わり、看護士を通して、別の病院にも広まり、そしてカトリック系の出版社で出版され、とうとう昨年サンマーク出版からも出されたものなのです。

もし、もっと早くこの本について知っていたなら、私も父にこの本をプレゼントしたかったな。ほかの病気の人が感じたように、きっと父もこれを読んだら、少しでも軽い気持ちになれたと思うから。

スポンサーサイト


| コメント(0) | トラックバック(0)2006/04/23(日)21:01

クーリエ・ジャポン

クーリエ10
2月末ごろから、クーリエ・ジャポンのポーランド語メディアの企画と翻訳を担当させていただいてます。

木曜日に発売になったクーリエ・ジャポンに、企画、翻訳、編集まで担当させていただいた記事が出ています。「ポーランドに氾濫するネットで『臓器売ります』」です(80ページ)。普通は編集まではしないらしいのですが、今回かなり記事が長かったため、1/3はカットしなくてはならず、短くまとめる作業もすることに。

載せたいと思う記事を選び、翻訳し、いろんな方に読んでいただけるというのは、本当に嬉しいものです。今まで翻訳の仕事はたくさんやってきましたが、自分で翻訳するものが選べるのは、翻訳者にとってはすごく魅力です。

また、クーリエは読者に考える余地を与える、日本には数少ないタイプの雑誌だと感じ、創刊号から私としてはとても珍しく、発売日に必ず買っていた雑誌です。そういうお気に入りの雑誌で、多くの方に読んでもらいたい、と思う記事を掲載させてもらえること。ずっとやりたかった仕事です。ポーランドのようなマイナーな国のことは、話題になることもほとんどありませんが、メディアに関してはかなり優れていると思います。面白い記事も多く、読者に考えるテーマを与えるようなものもたくさんあるのです。

その点では、日本のメディアはかなり遅れている、というか方向性が全く違うように思います。全てのニュースについて解説し、わかりやすくすることが主流。でも、多くの場合その解説が読者の考えそのものになってしまい、そこから新たな自分なりの視点が生まれにくいのです。

読者に考える余地を与えるもの。読者がこれまで考えなかったテーマについて考えさせるようなものを、これからも紹介していければいいな、と思っています。


クーリエ・ジャポン | コメント(0) | トラックバック(0)2006/04/07(金)16:07

革命・政変

ポーランドにいたとき、政治が動いていくのが感じられ、市民運動や革命、政変などと聞くと、ドキドキしたのを覚えています。日本では、政権が変わろうが、首相が変わろうが、そういうドキドキはないですもんね。直接国民が政治に与える影響力が少ないからかもしれません。

このところのベラルーシやウクライナのニュース、目が離せません。特にベラルーシはこれからどうなっていくのか注目されるところです。ウクライナもオレンジ革命はあったものの、今回の議会選挙では地域党の勝利に終わり、国民に新しい政治を浸透させることの難しさを感じます。特に長年体制下に置かれていた国にとっては。それを思うとベラルーシの頑張り、もっと西側諸国が評価し、協力しても良いような気がするのですが。

ウクライナの議会選挙について、AFPブログ「鷲が見た世界」をアップしました。


AFP | コメント(0) | トラックバック(0)2006/04/01(土)22:56

«  | HOME |  »


プロフィール

雨月更紗

Author:雨月更紗
ポーランド人の夫と12歳の息子の3人暮らし。


メールはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。