スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

本当の新年は...

ずっとご無沙汰していました!
いつもならば年末年始に今年の抱負などを書いたりもするのですが、今年は私の中では3分の1しか始まっていない、という気持ちなので・・・。

というのも、実は博士課程に行きたいと思っており、今年は私にとって受験の年だからです。
特に博士という称号にこだわっているわけではなく、自分がどうしても書きたいものを論文として完成した形にしたい、という気持ちと、今後どんな仕事をやっていきたいかと考えた時、書きたい分野の事を考えるとやはり博士課程まで行きたいかな、と思ったからです。

博士の入試って外国語と口頭試問なのですが、外国語にパスしないと口頭試問は受けられません。その外国語が鬼門で、もちろんポーランド語は選択できる外国語の中にはなく、私の場合だったら残るは英語という感じだったのです。しかし、英語はかなり落とされるという話を聞き、英語に自信がある人も2度落ちたというのをきいてビビってしまいました。

それで、英語を選択したにしてもかなり勉強しないといけないのなら、ロシア語で受験してみようと思い立ったのが昨年の5月。スクールなんかに通っていたのでは、1月の試験には間に合わないので、文法についても詳しく書いてある初級ロシア語のの本と読解を中心としたロシア語のテキストを利用して、独学でなんとかすることに決めました。今はインターネットでいくらでもロシア語の新聞も読めるので、教材には事欠かないだろうと思って。

ロシア語はポーランドと同じくスラブ語圏にはいるので、短期間ではあるけどなんとかできるかもしれない、とそれだけが頼み綱でした。それにこれまで何度もロシア語の新聞や本が読めたらどんなにいいか、と思ったことがあったので今後のことを考えたらやはりロシア語で受けることで一つの壁を越えられるとも思ったのです。

でも、やはりこの9カ月弱で国際関係に関する文献を読めるようにするのは本当に大変でした。似た単語もあるけで、ほぼ同じ発音でも違う意味のものもたくさんあり…。夏から秋にかけては仕事も忙しくて全然勉強できない時もあり、正直年末あたりは焦りもピークに達していました。でも、なんとか1次試験はパスすることができました!

自分ではだめかもしれないと思っていたので、このチャンスは逃すわけにはいかない!2次の口頭試問も頑張ります!定員は一応3名なのですが、該当者なしで一人も合格しないこともよくあるので、1次がOKでもとても油断はできません。むしろ2次の方が難しいかも…と今になって思っています。なにしろ1月まではロシア語の勉強で手いっぱいで、とても口頭試問の準備なんてできなかったので…。
とにかく自分にできるだけの準備をすれば、後悔はないかなと思っています。

私の新年が完全スタートするのは3月に入ってから。私の中の年末を、今はラストスパートです。

スポンサーサイト


日常 | コメント(1) | トラックバック(0)2011/02/08(火)07:15

お客続き

7月1日から2週間、村上春樹の本のポーランド語訳をしている友達が遊びに来てくれました。

彼女とはもう20年来の付き合い。しょっちゅうスカイプもしているので、そんなに長い間会っていない気はしないのですが、実は最後に会ったのは3年前に彼女が家族3人で家に泊まりに来た時。
その時は、この狭いマンションに3人来たのでほとんどキャンプのような状態で、あまりゆっくりという感じではなかったけど、今回は一人だったので朝晩ゆっくりいろんな話ができました。

人のところに遊びに行ったり、誰かに来てもらうといろいろ自分の日常生活との違いに驚かされることがあります。彼女については無駄のない時間の使い方に感心しました。現在、『1Q84』Book2を翻訳中なのですが、翻訳の速さもさることながら、ほんの少しの時間があればすぐに訳し始めるのです。1日のうち、無駄な時間はほぼ皆無。ほとんど毎日朝から夜まで友達に会ったりして出かけていて、家にはいなかったし、朝晩は私と長時間おしゃべりをしたにもかかわらず、その間に本を2冊読み、『1Q84』を50ページ以上訳していました!!いつも「時間がない」とぼやいている自分を反省。時間はこのように使えばいくらでも出てくるものなんだ、という実践見本を見たような2週間でした。良い刺激になりました。

今日で息子は学校が終わり、明日から夏休み。夏休みが始まったらすぐ学校のキャンプがあります。息子がキャンプに行く日に母が泊まりに来て、息子が帰って来たら、すぐ次の日に母と息子2人でサハリンにクルーズに行きます。私の母はクルーズ好きなので、これまでにも何度もあちこち行っているのですが、息子と行くのは今回が2度目。

性格的にはかなり違うので、10日間も一緒にいてだいじょうぶかな、と前回は不安でしたが、船に乗ってしまえばお互い好きなことをしているので、一緒に過ごすのは食事の時と寝るときだけのようです。母は船に乗ったらクルーズのリピーター友達がたくさんいるみたいで、その人たちと過ごし、息子はお年寄りに好かれるタイプなので、自分でいろんなお年寄りに声をかけたり、船の中のスタッフと友達になったりして、毎日忙しかったようです。今回もきっとそうなることでしょう。

そういうわけで、私は2人が出発するまでは客続き。その後は10日間、ゆっくりとした時間を楽しみたいと思っています。



日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/07/16(金)07:18

かなり久しぶりですが

かなり久しぶりです。
特に何があったわけでもなく、なんとなくブログの気分にならない日々があったり、忙しかったりでご無沙汰しておりました。でも、元気でした。

今年の2月から書いていないので、今さら何を書けば…と言うところですが、とりあえず思いつくまま箇条書きで書いてみます。

(文化編)

★ここ数カ月、文化面ではかなり充実していました。3月には念願の歌舞伎座での歌舞伎を観に行き、改めて歌舞伎っていいな~、もっと頻繁に観たいな~と思いました。今回は幕見ではなく、ちゃんとした席を買ったので、中の雰囲気もじっくり味わうことができました。
前に歌舞伎に連れて行った時、息子はまだ小さかったので、横から「今何て言ったの?」などと聞かれた覚えがあります。でも、今回は全部理解できたわけではないですが、大意はとれたようで、それもすごい進歩だと思い、これからは心置きなく息子と一緒に歌舞伎を楽しめそうと感じられたのも嬉しかったです。

★そういえば、歌舞伎に行く前にポーランド人のジャズピアニスト、レシェック・モジュジェル(Leszek Możdżer)のコンサートにも行ったのでした。こちらは渋谷にあるレストランでの演奏だったのですが、行ってみると「ここはポーランド?」と思うほどポーランド人ばかり!知り合いもたくさん来ていて和気あいあいとした雰囲気でした。彼の音楽は静かに心に響くものがあり、何度聴いても飽きません。この音はどうやって出しているのだろう?後で合成して作りだした音なのだろうか?ピアノだけではなく、別の楽器も使っているのか?などこれまでCDを聴いていて不思議に思うことがたくさんあったのですが、実際に彼の生演奏を聴いて理解できました。ピアノ線の上にいろんなものを置くのです。それにより、ピアノがピアノでないような音を奏で、神秘的に響いてきます。
ピアノが彼の体の一部のようで「すばらしい!」の一言につきました。

★次なるコンサートは、先週行ったパット・メセニーのコンサート。
彼のコンサートはずっと前から行きたかったもの。ちょうどポーランドに住んでいたときに、私が住んでいたクラクフにも来たのです。とっても行きたかったのに、学生でお金がなく涙をのんであきらめたのでした。
2時間半、休憩なしのコンサートだったのにあっという間でした!観客は若い人が多いだろうと思いきや、かなり年齢層が高かったのも意外でした。私ぐらいの年齢の人が一番多かったような…。息子が最年少だったかも。
それにしても彼は一体、何本ギターを持っているのでしょう?見たこともないようなギターが次から次へと出てくるし、彼が作った独自のバンドを機械で操作し、伴奏から何からすべて自作自演でやるのも見事!音楽を、音を、体全体で楽しんでいる。天才は楽しみから生まれるのを体現しているようでした。

今後も秋まで、ジャズのコンサートや落語など、楽しみいっぱいです!


(旅行編)

★3月末に夫の研修が終わり、4月からレジデント。正式に麻酔科医となったのですが、その前に数日間休みをとることができたので、本当に久々に家族みんなで旅行をしました。家族だけで旅行に行ったのっていつ以来かも覚えていないほど、ここ何年も家族で旅行をしていませんでした。夫は勉強・仕事と忙しかったし、学生・国試の勉強・研修医と収入面でも大変だったので。すべてを乗り越え、やっとあるところまでみんなでたどり着いたお祝いに、屋久島に行ってきました。

噂には聞いていましたが、この世のものとは思えないほどの神秘的な世界でした。
超ハードスケジュールで、ついた日からもののけの森と言われている、白谷雲水峡へ。「もののけ姫」はここを見て作られたと言われていますが、あの苔の緑、深い森、濡れた森に輝く木漏れ日、まさにあの映像のまま。いや、それよりもっと美しかった!

2日目は九州の最高峰、宮之浦岳へ。この日も朝、5時起き。一日中山の中で過ごしました。頂上までの道のり、心が洗われるような自然の雄大さ、優しさに包まれ、疲れも忘れるほどでした。そして頂上は、まさに雲海!真っ白に広がる雲の海に、他の山がポコポコ頭を覗かせています。これまでいろんな山に登りましたが、ここまでの美しい雲海は初めてでした。

3日目は島を一周しました。2日目にも、山のいたるところに鹿や猿がいて、人間とまさに「共存」しているのを感じましたが、山の中だけではなく、島全体がそうだというのがこの日わかりました。いつ鹿や猿が出てきても大丈夫なように車は徐行します。突然現れた鹿や馬は、車が待っているのにも構わず、ゆっくりと道を横切るのです。
白い砂浜には私達以外、誰もいませんでした。本当にここって日本?と思ったくらい。波の音、風の音を体で感じ、いつまでもそこに座っていたい気分。
そんなにのんびり過ごしたために、最後は大慌て。港に着いたのは出港2分前!その2分間に夫はレンタカーを返し、私は切符を買い…ギリギリセーフで間に合いました!

スケジュールはハードだったけど、文字通り「地上の楽園」での3日間でした。


全部、かんたんに書くつもりだったのがつい長くなってしまいました。続きはまた別の日に。







日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/06/17(木)18:02

ピアノ

ピアノ
今年はピアノを日常の習慣にしたいと思っていましたが、はまってしまいました!
ピアノを弾くのが楽しくて楽しくて。

はじめは家にある昔弾いていた楽譜を見ながら、思い出す感じで弾いていたのですが、あまりに楽しくて新たに楽譜も買い、新しい曲を完成させたいと思って今は練習するほどになっています。
子どもの頃はピアノを毎日1時間練習するのが苦痛で苦痛でたまらない時もありましたが、今は1時間なんてあっという間に過ぎてしまい、気がつくと2時間以上弾いていることもよくあるほど。最近は仕事の時間をも侵食するほどになってきたので、自分で制限するようにしています。

仕事ではじっと机について作業することが多いので、同じ姿勢で長時間座っていることが多く、気が付いたらひどい肩こりになっていたり、目が疲れすぎて頭痛になっていたりということもよくあったのですが、ピアノを弾き始めてからそれが解消されました。
座っていることには変わりないのですが、手や上半身を適度に動かすのが良いのかもしれません。弾いている時は姿勢もなぜか良くなっているし。

それに、なによりもすごいストレス解消になっていると思います。弾いている間は他のことは何も考えず、ただ無心に音符を追うことと音に集中する。満足な演奏ができると嬉しいし、そうでなくても昨日よりも少しでも上達しているのがわかると、励みにもなるし。別に誰に聴かせるわけでもなく、発表会があるわけでもなく、完全に自己満足の世界なのですが、だからマイペースでやれていいような気もします。でも、自分の中では「今月中にこの曲を完成させるぞ」などと目標を決めたりもしているのですが、それもまた楽しくて。

音楽はやっぱりいい!それに、私はやっぱりクラシックが好きだなぁ。

テーマ:音楽│ジャンル:音楽
日常 | コメント(3) | トラックバック(0)2010/02/05(金)11:19

worek-M

books
息子がクリスマスプレゼントとしてたくさん本をもらい、私と夫もポーランドのサンタに本をお願いし、全部集めるとこんなになりました。これ以外に息子が自分で持って帰ってきた本もあるので、実際にはこれよりももっと多いということになりますが。

この写真に写っているのは昨日、郵便局のworek-Mを利用して届いたものです。ポーランドではworek-M(ヴォレックM)という名前のサービスなのですが、国によって名前は違うと思います。日本では特別郵袋印刷物という名前になっています。これ、すごくお勧めです!日本から海外に本を送ることが多い人、海外から日本に本を送ってもらうことが多い人にとっては、本当に速い、安い、便利!

ポーランドでは大きめの郵便局の職員でもこのサービスの存在さえ知らない人も多いほど、知る人ぞ知るサービスのようですが、本などの印刷物を箱や袋に入れて郵便局に持って行くと、専用の大きな布袋に入れて送ってくれます。航空便だと1週間~10日でつきます。今回は1週間もかかりませんでした!最高30kgまではOK(英国など20kgまでの国もあるのでホームページで確認した方が良いと思います)。こんなあまり知られていないサービスなのに、日本在住のポーランド人の間ではひそかなブームで、今では知らない人がいないほどです。

本は印刷物として送っても航空便にすると結構な値段になります。本よりも送料の方が高くなることも。なのでこれに限る!これからはポーランドのネット書店で注文し、送り先を義父母の家にして、それをまとめてworek-Mで送ってもらうこともできそうです。うれしい!!

昨日、配達員の方が持ってきたのは、まさに「サンタの袋」のような大きな袋でした。口をプラスチックのベルトでしっかりとめてあり、それを目の前で切ってくれます。中身はいくつかに分けて包装してある本。1つの宛先に対し1つの袋なので、紛失することもなさそうです。

こんな便利な物があることを、今の今まで知らなかったとは!!もったいない!

テーマ:本に関すること│ジャンル:本・雑誌
日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/01/20(水)13:05

始まりは気持ちよく

今年の大晦日・お正月は、本当にの~んびりできました!

例年だとクリスマスにかなり頑張って料理し、大晦日辺りはなんとなく疲れていて、なんとなく新年を迎えるのですが、今年は違っていました。

冬休みに息子は一人でポーランドに行ってしまったため、夫婦だけのクリスマスイヴと思っていたら、ポーランド人の友達が一緒にクリスマスをしようと誘ってくれたので、日本に来て初めて自宅以外でクリスマスイヴを過ごしました。そのため今年はクリスマスの料理はほとんど作らず。

大晦日は夫と二人で車を借りて夜中に箱根にでも行き、富士山からの初日の出を見ようか、などと言っていたのですが、いつものことながら計画が遅すぎてすでに車はいっぱいで借りられず。それなら友達をよぼうということになり、なんとうちの狭いマンションに9人がテーブルを囲みました!国籍も多様で、カナダ人、ブラジル人、それにフィンランド人。そしてフィンランドと日本のハーフが2人にポーランド人(夫)と日本人(私)。たくさん食べてたくさんしゃべって。年が変わるちょっと前にブラジル人の友達は除夜の鐘を打ちに都内のお寺へ。フィンランド人の友達とその子供は、家族そろって新年を迎えるために自宅へ。残った私達夫婦とカナダ人でシャンパンを開けて新年を祝いました。その後、近くの公園へ散歩に行き、途中カフェで1時間ぐらい話し、結局寝たのは5時でした。

元旦は12時半まで寝て、遅いブランチ。そのあと自転車で近くの温泉に行きました。この温泉は私たちの大のお気に入りで、本当に落ち着きます。温泉で新年のくじ引きをやっていたのですが、私にしては非常に珍しく大当たりが出ました!そこの温泉券とお食事券をもらい、なんか新年早々幸先がいいなぁ、と大満足。温泉から帰るころにはもう夕方になっていて、真っ赤な夕焼けにくっきり浮き出たような富士山に見とれてしまいました。
日が沈んでからは満月が空に浮かび……。幸せに満たされた新年でした。

結局カナダ人の友達は終電まで家にいてくれ、ゆっくりワインを飲みながら話をし、途中息子や夫の家族ともスカイプで話し、お正月を満喫できました。

こんな素敵な新年を迎えられたのだから今年もきっと良い年になる、と思える2010年のスタートです。

テーマ:年末&お正月│ジャンル:日記
日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/01/03(日)12:38

夏休み!

夏休みです!
息子はすでに夏休みに入ってもうすぐ2週間になるのですが、私もやっと夏休みを取ることにしました。
今年は、夫は研修医1年目で長い休みなどとても取れないので、私と息子と2人で実家(広島)に帰ることに。それも青春18きっぷで。

電車が大好きな息子のリクエストです。途中、友達の家に寄ったり、小さな駅の町で泊まったりしながら4日間かけて広島まで行きます。頑張れば1日でいけなくもないし1泊で十分なのですが、せっかくだから新幹線と同じルートではなく、行ったこともないような山の中を通って行きたいから、と選んだのがこのすごいルート。いくつも山越えし、山陰から広島に入ります。ルートを決め、スケジュールを考えるのは息子の役目。私はその通りについて行くだけです。
時刻表を見ながらルートを考えるだけで、息子はすごい興奮。このままで行くと4日間興奮状態は続きそうです。

帰りも青春18で、と思っていたのですが、母が孫と二人だけでどこか温泉にでも行きたいみたいなので、仕事のある私は先に東京に戻ることになりそうです。
やっぱり孫って特別なんでしょうか?それほど子供が好きでない母も、孫とはいろいろどこかに行きたいみたいで、今回もそうですが、冬休みもすでに孫と二人でクルーズに行く計画ができています(←うらやましい)。

私も子供のころ、祖父母の家に泊まりに行ったり、一緒にどこかに行った思い出がありますが、こういうのって絶対忘れないし大切だと思うので私も嬉しい!


日常 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/07/30(水)11:48

«  | HOME |  »


プロフィール

雨月更紗

Author:雨月更紗
ポーランド人の夫と12歳の息子の3人暮らし。


メールはこちら

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。